• 2人の欧米人の子どもが学校でパソコンに表示された電子書籍を読んでいるイメージ
    Accessibility
    電子書籍アクセシビリティプロジェクト

電子書籍アクセシビリティプロジェクトの概要

公共図書館に置かれている電子書籍端末のイメージ

電子書籍は、音声読み上げ機能、文字サイズの拡大機能、画面の白黒反転機能などのアクセシビリティ機能を付加することができることから、紙に印刷された書籍などをそのままの状態で読むことの難しい人から大きな期待を持たれている。そこで、電子書籍によるアクセシビリティの向上を課題として、2011 年度より野口を代表に「電子書籍アクセシビリティプロジェクト」を発足させて、研究を進めてきた。

プロジェクトでは、アクセシブルな電子書籍の製作・提供をめぐる国内外の動向調査、アクセシブルな電子書籍を安定的に製作・提供し得るプロセスについて実証的に研究している。このため、必要に応じて一般社団法人電子出版制作・流通協議会と連携して取り組んでいる。

研究助成

日本学術振興会科学研究費助成金(基盤研究C)2014年度~2016年度

専修大学学内研究助成2013年度

研究成果の発表

植村八潮/野口武悟/成松一郎/松井進/根岸翔哉/佐々木直敬
「電子書籍のアクセシビリティに関する実証的研究―音声読み上げ機能評価のための分類―」
日本出版学会2013年度秋季研究発表会,2013年10月

野口武悟/植村八潮/佐々木直敬
「電子書籍のアクセシビリティを研究する―その背景とねらい―」
第41回出版UD研究会,2013年10月

お知らせ

  • 2017-03-012017:03:01:05:21:35
  • 2017-02-172017:02:17:18:27:40
  • 2016-07-042016:07:04:13:49:20

研究成果報告会の参加申し込みを始めました

本日3月1日より、3月18日(土)に専修大学神田キャンパス5号館561教室にて開催の「アクセシブルな電子書籍の製作と提供に関する実証的研究」研究成果報告会への参加申し込みを始めました。
参加希望の方は、3月15日(水)までに、以下のページの参加申し込みフォームより参加登録をお願いいたします。
https://www.j-archives.net/contact/2017/03/2017031801.html

この報告会への参加申し込みを締め切りました(3月16日 追記)

詳細をみる

川崎国際環境技術展2017出展

2017年2月16日、17日に、川崎国際環境技術展2017がとどろきアリーナで開催され、情報科学研究所ブースに出展しました。
来場者は、15,500人でした。
「高齢者・視覚障害者等の情報環境向上のための、印刷文読み上げ装置音声コード(SPコード)の開発と普及、標準化、及びテレビ装置のアクセシビリティ」
http://senshu-iis.jp/?page_id=823

詳細をみる

A-apps[えー・あっぷす]を公開しました

本プロジェクトの過程で誕生し、昨年11月の情報メディア学会 第17回研究会で発表した「Accessible Apps」サイトを大幅改定した「A-apps[えー・あっぷす]」サイトを公開しました。(URLはこれまでの https://www.j-archives.net/accessible_apps/ から https://www.j-archives.net/aapps/ に変更になりました。)

改定の経緯については、情報メディア学会 第15回研究大会で発表いたしました。

7月23日(土)の出版UD研究会でも紹介を予定しております。

詳細をみる

研究会開催日程

2017-04 24
2017年度 第1回定例会 2017:04:05:08:57:022017:04:24:14:00:00

日時:2017年04月24日 14:00〜

場所:専修大学神田キャンパス 7号館(763教室)

2017-03 18
プロジェクト研究成果報告会 2017:03:18:09:00:002017:03:18:09:15:00

日時:2017年03月18日 09:15〜

場所:専修大学神田キャンパス5号館 561教室

2017-02 28
2016年度 第9回定例会 2017:01:16:19:00:322017:02:28:18:00:00

日時:2017年02月28日 18:00〜

場所:会議室(千代田区麹町2-4-1 麹町大通りビル11階:半蔵門・麹町)

お問い合わせ

以下のフォームに記入の上、送信してください。* 必須入力